お知らせ

2022年09月15日

株式会社リアル

省エネ・リノベーション住宅「エコキューブ」の販売を 東海FC1号店としてスタート

本日付けで下記内容にてプレスリリースを配信いたしました。
省エネ・リノベーション住宅「エコキューブ」の販売を 東海FC1号店としてスタート
性能を重視したリノベ施工

東海圏でリーディングカンパニーとして買取再販・リノベーション事業を手掛ける株式会社リアル(代表取締役 片田一幸)は、東海エリアで初となるエコキューブFC1号店として、「エコキューブ」(注1)を含む省エネリノベーション住戸を9月15日より販売開始いたします。

当社では中古住宅にデザイン性だけでなく機能性も向上させる断熱リノベーションにいち早く取り組んでまいりました。在宅時間が増え、住宅の快適性や経済性を求める声がますます高まっています。「エコキューブ」では最先端の省エネリノベーションを施し、住む人の健康や省エネルギー、経済的メリットを実現します。新築で進む省エネ基準、ZEH等の義務化を中古でも見据えており、2022年6月にスタートした一般社団法人リノベーション協議会が定める「R1住宅エコ」の基準も満たします。さらに住宅ローン減税で定める省エネ基準適合住宅や国土交通省が定めるBELSの取得も目指します。さらにエコキューブ対応物件だけでなく販売価格を抑えた省エネ住宅もご用意しており、熱の出入りが最も多い開口部である窓にインナーサッシであるlow-E複層ガラス等を使用することで断熱効果を加えています。新築住宅の省エネ化が進む中で、既存住宅でも省エネに取り組み、SDGsや低炭素社会の実現を見据えた物件を今後も随時販売していきます。

【「エコキューブ」について】

住宅ごとに温熱計算を行うことで、最適な形で住宅性能を向上させる省エネリノベーションです。断熱性と気密性を最適な形で高め、さらに高機能換気システムや高効率エアコンも設置し室温をほぼ一定に保つため、快適に暮らすことができます。

「温熱計算+断熱材(注2)+内窓(樹脂製サッシ)+高性能換気システム+高効率エアコン」

が標準仕様となり、断熱性能等級5相当のUA値(注3)である0.6を満たします。改修前後の温熱計算を行うため、数値で向上した性能を見ることが可能です。また、完成予定の2物件にてFC加盟店名古屋初となるエコキューブ完成披露会を10/13(木)、14(金)に開催予定です。

【省エネリノベーション事業について】

2050年のカーボンニュートラル社会の実現に向けた省エネ化は中古住宅でも必要です。当社は2016年より断熱を考慮したリノベーションに取り組んでまいりましたが、エコキューブ加盟店となることで、より無駄のない断熱計画と、さらなる設計施工及び検査スキルや技術的ノウハウの習得を行います。カーボンニュートラル社会の実現への貢献と、スローガンでもある住む人が心から笑顔になれる暮らしを提供してまいります。

【リアルのリノベーションについて】

中古住宅の買取再販・リノベーション事業を年間80戸手掛ける中で、売主としてリノベーションを施し販売を行うため物件ごとにプロデュースします。デザイン性を重視し、心地よくお住まいいただけるよう無垢フローリングや長く使用できる耐久性とリサイクル可能な木材チップ製のウッドデッキといった自然素材にこだわったものを使用しています。スケルトンからのリノベーションだけでなく、既存の設備を生かした空間設計も重視した住まいづくりを行っています。

注1:エコキューブ(ECOCUBE)とは物件ごとに温熱計算を行った省エネリノベーションブランドです。FC加盟店ではエコキューブの技術的なノウハウの共有と省エネ住宅の普及を行ってまいります
注2:温熱計算結果によっては既存の断熱材を利用する場合もあります
注3:省エネ住宅設計支援ツール(建もの燃費ナビ)によるエコキューブFCで定めた計算基準で算出しています。UA値とは、外皮平均熱貫流率のことで、住宅の内部から床・外壁・屋根・開口部などを通過し、外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値のことを指します。「外皮平均熱貫流率(UA値)W/m2K=熱損失量(w/k)÷外皮面積(m2)」小さいほど熱が逃げにくく、省エネルギー性能が高いと言えます。


■エコキューブ施工物件
「エスポア城北11階」(9/15完成予定)
所在地:名古屋市北区安井1丁目1-33
専有面積:74.33m2(22.48坪)
バルコニー面積:9.37m2(2.83坪)

「徳川町シティハウス7階」(10/14完成予定)
所在地:名古屋市東区徳川町2101番
専有面積:78.91m2(23.87坪)
バルコニー面積:15.84m2(4.79坪)

過去のニュース

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

株式会社リアル お客様お問い合わせフォーム

https://www.real-inc.jp/contact/

株式会社リアル 広報担当窓口 *営業関連のご連絡はお断りしております

TEL:052-228-6000(代表) FAX:052-228-6003

E-mail : info@real-inc.jp

株式会社リアルについてのお問い合わせはこちら

お客様専用フリーダイアル

0120-33-6964

               

仲介会社様及び報道関係者様の総合受付

052-228-6000

受付時間:9:00~19:00(水曜日定休)